存在証明 ラックライフ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

存在証明  ♪  ラックライフ
作詞 : PON
作曲 : PON

声がした 消えそうな声
僕だけ聞こえた 消えそうな声が

怖くなる 瞬間はあるよ
消えてしまいたくなる瞬間

僕が受け取った小さな君の声
存在の証明 なんてそれで充分だよ

誰かの声に生かされる僕らじゃなくって
生きているんだろ その足で立ってるんだろ
君が君だって誰が決めるでもなくって
生まれた時から 君は君だけだろ
未来へ放て 君だけの声を

駆け付けた 声がする方
涙で溺れた 君が座っていた

どんなに 考えてみても
君の胸の中 わからない、でもさ

いつまでも そこにいるのかい
時は流れて行く お構いもなしに

あの日の空ときっと変わらない空を
見上げてみてよ なんだかスッとすんだろ
辛くって苦しくて、もうダメだって嘆いても
脈は打つんだろ 勝手に終わらせんなよ
未来へ放て 君だけの声を

失ったモノが君のすべてかい?
ならここにあるこの気持ちはなんだ
一人で生きているつもりかい ふざけんな
存在を証明 なんてするまでもないだろ

誰かの声に生かされる僕らじゃなくって
生きているんだろ その足で立ってるんだろ
君が君だって誰が決めるでもなくって
生まれた時から 君は君だけだろ

痛くて 痛くて
その胸 傷 手を当てて進め
この道歩いて行け
捨てんな命を 生きて貫いて
変えてみせろ世界を


ラックライフの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ラックライフ「存在証明」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ