さよならを。夏、 - KEYTALKの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

さよならを。夏、  ♪  KEYTALK
作詞 : 寺中友将
作曲 : 寺中友将

空には木漏れ日と恋 風に吹かれる 淡い色の果実
ふわっと揺れる 甘い香りに 誘われた夏の午後
路地裏を抜けて 広がる青い青の 海のなす声は
優しさで微笑むように そっと時を止めていく

さざ波に 溶けていく さらわれてく
まだ言えない さよならを。 今は知らないでさ

このまま2人で夜を越えて
ずっと2人で歩いていけたら いいのにな
分からないけれど
新しい夏と 君のいない
また巡り巡る 季節の背中を
愛していたよ けど もう さよならを。

夏空 風まかせに 揺れた影は 歩幅を合わせる
繋いだ手に 隠した言葉
暮れていく また過ぎ去っていく

時を巻き戻して 君を見つけたなら
この季節がまた 始まるように
微笑みながら 優しさのまま 包まれていく

このまま2人で夜を越えて
ずっと2人で歩いていけたら いいのにな
分からないけれど
新しい夏と 君のいない
また巡り巡る 季節の背中を
愛していたよ けど もう 言わなきやな。言えなかった。さよならを。


KEYTALKの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
さよならを。夏、/KEYTALKの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ