WONDERFUL CURVE - VALSHEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
WONDERFUL CURVE  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : VALSHE

翳した手の隙間 土の匂い飲み込む
息を止めたときに感じる生がなんか愛しい
灰色の天井を空と言って奪い合ってる
脆く落ちていくのは断片のような誰かの記憶

足並み乱す兵士は要らない
犠牲は付きものだから仕方ない
次は自分の番かもしれない
それが見殺しにする理由になるのか

逃げる意味があるのか
その先に自由はあるのか
本当は僕もただがむしゃらで
失うことなんて怖くない
忘れられるほうが怖いよ
知らないままに生きていくことより哀しいことはないと本気で思っていた
青い空はどこかにあってぼくらにも与えられているんだと

ぬるく吹いた風が 僕と昨日を跨いだ
追い越した先にはまだ咲けない小さな蕾

切られたロープの端で消えていく
情熱と美談を固く結んだ
踏みしめたとき感じた言葉にならない気持ちまだ今でも覚えてる

一瞬のためらいも許さない
もう引き返す事はできない
本当の僕が誰でなくても
この胸に宿った感情は
確かに息衝いているから
間違っていないと言い切れる強さが未来を切り開くと本気で思っていた
青い空の果てなき地図はどこまでも広がっているんだと

逃げる意味が無くても
その先に自由が無くても
この痛みさえ作り物でも

失うことなんて怖くない
忘れられるほうが怖いよ
知らないままに生きていくことより哀しいことはないと本気で思ったのに
どうしてもう君はいないの
青い空に落ちて消えた夢も


ミニ情報
アルバム「WONDERFUL CURVE」収録曲
VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
WONDERFUL CURVE/VALSHEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ