I'm Machine - 凛として時雨の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

凛として時雨
公式サイト
I'm Machine  ♪  凛として時雨
作詞 : TK
作曲 : TK

タイムマシーンに乗ってどこへ行こうかな
君が笑っていたあのエメラルドの季節とか
僕はどんな色のガラクタだったろう
未完成のガラスの破片は君を突き刺した

あの優しさの意味は見えていたよ
いつの間にか自分が溺れていたの

僕は機械の様な 冷たい眼差しで
抱き締めてしまった 壊れてしまうまで
あの頃に戻って 確かめてみたいの
僕のこの心が息をしていたかどうか
奇怪な機械さ

数え切れない上書きをかき分け
伝えられなかったこともあるだろう
巻き戻す 僕はどんな声のマシーンだったろう
トンネルの先に二人の記憶が見えてきた

あまりにも透明なこの破壊は
水性の如く滲んで消えた

僕は機械の様な 完璧じゃなくて
抱き締めてもらった 壊れそうだったから
あの頃に戻って 確かめてみたいの
君のその心を見つめていたかどうか
馬鹿な面して

苦しくないから 苦しかった
苦しくないのが 悲しかった

辿り着いた二人だけの秘密は
昨日の夢の様に
壊れて一人ぼっちになっていた
溶けるほど壊してしまっていた

僕は機械みたいに感情がなくて
それなのにどこかが締め付けられている
なぜ なぜ


凛として時雨の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
I'm Machine/凛として時雨の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ