last scene - Maison book girlの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

last scene  ♪  Maison book girl
作詞 : サクライケンタ
作曲 : サクライケンタ

夢の最後の瞬間を、今も震えて思い出す
それは明け方5時過ぎで、そこに光はもう無かったの?
水は流れ続けていて、指を柔らかく繋いだ
狭いその場所は優しく、戻らない匂いを感じてた

深夜の煙が揺らいでいた
その顔に匂いを染み付けたよ

それも全て忘れてしまったの?
僕らの夢はいつも叶わない。きっと。

窓の外はとても青い。冷めた体を見つめてた。
消えた段ボールの箱は、何故か不安を呼び込んで

鍵が開く音に目を覚ます
日々はもう、泉のとても深くへ

枯れて流れないないの これからずっと。
白いタオルはもう消えてゆくの。ねぇ。

それも全て忘れてしまったの?
僕らの夢はいつも叶わない。
枯れて流れないないの これからずっと。
白いタオルはもう消えてゆくの。ねぇ。


Maison book girlの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
last scene/Maison book girlの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ