海辺の町へ never young beach 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

never young beach
公式サイト
海辺の町へ  ♪  never young beach
作詞 : Yuma Abe
作曲 : Yuma Abe

電車にゆられガタンゴトンと ひと気のない車内
窓から光が入りこんで 目を細めている
停車する度に春の風が 頬を触るのさ
気持ちよくなっていつの間にか
眠りについていた

寝ぼけ眼こすって 外を見てみたならば
水面が輝いてさ 素敵な海が見えた

古ぼけた御成通りを行く
アイスクリーム食べながら
鉄道草が揺れている 路面電車が走る

トンネルを抜けたなら 見たことない景色が
どこまでも広がって 風に吹かれてたのさ


ミニ情報
アルバム「A GOOD TIME」収録曲
never young beachの新着歌詞を見る⇒
never young beachの人気歌詞を見る⇒
never young beach「海辺の町へ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ