沈黙した恋人よ - 欅坂46の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

欅坂46
公式サイト
沈黙した恋人よ  ♪  欅坂46
作詞 : 秋元康
作曲 : 杉山勝彦

岬の灯台
海原 見下ろしながら
眩(まぶ)しい日差しに時折 瞳細める

中古のバイクで
どれだけ走って来ただろう
汗ばむTシャツ 太陽を吸い込んだ

また夏がやって来る前に
僕らが変わったこと ふと気づかされる
この沈黙

君が指差すものを
僕は見つけられない
同じ青空を見ているのに
鳥はどこへ行った?
君が大事なものを
僕は見過ごしている
そばにいることが当たり前で
そう 愛し方も忘れてしまった

いつもの国道
いくつのカーブ曲がれば
重なる身体(からだ)はバランス 取り戻すかな

風切るバイクの
エンジンの振動が好きだって
語ってた君の口数が減ったよね

この夏が去って行く頃に
僕らは見つめ合って 答えを出すんだ
そう さよなら

君は話そうとした
僕も話そうとした
だけどお互いを想い過ぎて
何も言えなかった
もっと素直になれば
きっと言葉にできた
人は変わってくと わかってても
あの頃の自分に縛られてたんだ

沈黙し始めた
どこかの恋人たちよ
言葉にできない
その胸に耳を傾け
トンネルに入る前に
風の中で(ホントのこと)
君と僕は(何を伝える?)

君が指差すものを
僕は見つけられない
同じ青空を見ているのに
鳥はどこへ行った?
君が大事なものを
僕は見過ごしている
そばにいることが当たり前で
それがダメだ
どんな時も愛を感じよう
話さなきゃわからないんだ
黙ってちゃ夏は終わるよ


ミニ情報
アルバム「真っ白なものは汚したくなる」収録曲
欅坂46の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
沈黙した恋人よ/欅坂46の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ