(LIKE A) TRANSFER GIRL Base Ball Bear 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
(LIKE A) TRANSFER GIRL  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

息を潜めた街は秋の甘い匂い
過ぎた短い夏のことを忘れて

君と串揚げ食べた路地の月明かり
頬が赤くもなれば少しはしゃいでさ

鼻歌とヒールの音が溶けてく
部活の帰り道の続きで

明日になればふたり また他人のふりをして
目も合わせずすれ違うんだろうな
君はLike a Transfer girl

咲かせた言わぬ花をまだ枯らせたくないんだ 僕は
「また明日」
いつでも消えそうな顔して微笑む君を見送るよ Transfer girl

息を潜め訪ねた君の狭い住まい
音を消したテレビが照らす色影絵

淹れただけの紅茶がもう冷めてく
日曜宿題会の続きで

明日が来ればふたり また真面目な人として
ステープラーで束ねておけばいい日々だ
君はLike a Transfer girl

咲かせた言わぬ花をまだ枯らせたくないんだ 僕は
「また明日」
過去からのビデオレターみたいな顔してドアを閉めないでよ Transfer girl

息を潜めた街に冬の甘いエッジ
君と待ち合わせた駅には 粉雪が
Transfer girl

「また明日」
いつでも消えそうな顔して微笑む君に手を振るよ Transfer girl

いつだってbe with you
見つかったってwith you
いつだってbe with you
見つかったっていい理由


ミニ情報
アルバム「光源」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Base Ball Bear「(LIKE A) TRANSFER GIRL」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ