365日の花束 奥華子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

奥華子
公式サイト
365日の花束  ♪  奥華子
作詞 : 奥華子
作曲 : 奥華子

あなたが去年の誕生日にくれた時計を見るたび
悲しくなるから捨ててしまおう そんな風に気持ちも捨てられたら
憎むくらい嫌いになりたい そしたらきっと楽だったよね
最後まで優しい顔した あなたはずるいよね

忘れる勇気も強さも全て私にはいらないから
だからもう一度 最後に一度 その手に触れたい あなたに会いたい

誕生日じゃなく 記念日でもなく 何でもない毎日に
あなたがいてくれる ただそれだけで本当は幸せだったのに
素直になれずに 優しくなれずに 後回しにしてたのは
いつでも貴方なら大丈夫だと思ってた 馬鹿だよね

ごめんね勝手なことばかりを言って振り回してたね
そんな所も俺は好きだと言ったのは嘘だよね

同じ形の鍵を並べて はじめてのお揃いだね
そう言って笑うあの日のように 隣で眠りたい あなたに会いたい

花束をいつも あなたがその手に抱えてくれていたのに
涙のあとさえも気づけないまま 私は何を見ていたんだろう
好きとも言えずに 嫌だと言えずに 振り返らなかったのは
いつでも二人なら大丈夫だと思ってた 馬鹿だよね

誕生日じゃなく 記念日でもなく 何でもない毎日に
あなたがいてくれる ただそれだけで本当は幸せだったのに
素直になれずに 優しくなれずに 後回しにしてたのは
いつでも貴方なら大丈夫だと思ってた 馬鹿だよね
いつでも貴方なら大丈夫だと思ってた あの時


ミニ情報
アルバム「遥か遠くに見えていた今日」収録曲
奥華子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
奥華子「365日の花束」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ