眠らないカラダ - 嵐の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
眠らないカラダ  ♪ 
作詞 : Takaaki Amamoto
作曲 : Hiroshi Yamamoto

気が付けば うつむきながら
歩いてる日常 やり場のない気持ちの扉
固く閉ざされて 実態のない自分が
人ゴミに紛れ込んでる ああなれば
こうなる 理屈だけ頭めぐらして
ボーっと突っ立ったままで
独り言つぶやく 眠れない夜
でも なんで?なんで?
音もなく時が過ぎるのか
Break Down 重さに耐えかね
喘ぐ俺を
無表情で冷酷なナイフが 脅し続ける

歪んだ精神状態のBody
七色に輝け うごめくカオスの中で
咲き誇る花のように
叫ぶよ! 虚しき日々が
記憶の彼方に消え去る
震えて握り締めてる 右手だけを
明日の道しるべにして

眠らないカラダもてあまして
眠らないこの街の中で
見果てぬ夢 求めて続けて

夜空に浮かぶ月 見上げ
こぼれ落ちた その涙は
まだ乾くことなく ココロ濡らして

歪んだ精神状態のBody
七色に輝け うごめくカオスの中で
咲き誇る花のように
叫ぶよ! 虚しき日々が
記憶の彼方に消え去る
震えて握り締めてる 右手だけを
明日の道しるべにして


嵐の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
眠らないカラダ/嵐の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ