キスのひとつで - 佐咲紗花の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

佐咲紗花
公式サイト
キスのひとつで  ♪  佐咲紗花
作詞 : 堀江晶太
作曲 : 堀江晶太

帰りの時間には 日が暮れる様になって
そんな季節になったんだ
そんな月日が経ったんだ

何にも変わらない 坂道と路面電車
繋いだ手の感覚 それ以外

覚えてる?いつかこうやって
並んで歩いた時から 知らずに恋してたんだ

ああ夏の終わりに伝えそびれた
幾つもの言葉や想いは
ねえ不思議なもので キスのひとつに
敵わない魔法にかかったように
どうかずっと二人で
いられたらいいな

ぎこちないなりにも 正直でいようとして
下手な感情表現で 迷子になる程だから
傍にいられる事が どれほど大事件かって
微かでも伝われば いいんだ

瞬く間に 時は彼方へ
優しさの瞬間を 記憶に焼き付けて

ああ夏の終わりに 星に預けた
幾つもの願いや想いは
ねえ不思議なもので キスのひとつで
全てが一度に叶うみたいだ
どうかずっと二人で

渚は夜空を映して 群青
終わらない夢より
今はただ隣の 君を見ていたいよ

ああ夏の終わりに 君と恋して
そぞろに見上げた花火は
ねえ不思議なもので キスのひとつで
何度も何度も輝くよ
どうかずっと二人で
小さな祈りは 朝焼けの方へと


ミニ情報
PCゲーム「ちいさな彼女の小夜曲」エンディングテーマ
佐咲紗花の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
キスのひとつで/佐咲紗花の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ