夜明けと蛍 96猫 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

夜明けと蛍  ♪  96猫
作詞 : n-buna
作曲 : n-buna

淡い月に見とれてしまうから
暗い足元も見えずに

転んだことに気がつけないまま
遠い夜の星が滲む

したいことが見つけられないから
急いだ振り 俯くまま

転んだ後に笑われてるのも
気づかない振りをするのだ

形のない歌で朝を描いたまま
浅い浅い夏の向こうに

冷たくない君の手のひらが見えた
淡い空 明けの蛍

自分がただの染みに見えるほど
嫌いなものが増えたので

地球の裏側へ飛びたいのだ
無人の駅に届くまで

昨日の僕に出会うまで

胸が痛いから下を向くたびに
君がまた遠くを征くんだ

夢を見たい僕らを汚せ
さらば 昨日夜に咲く火の花

水に映る花を見ていた
水に霞む月を見ていたから

夏が来ないままの空を描いたなら
君は僕を笑うだろうか

明け方の夢 浮かぶ月が見えた空

朝が来ないままで息が出来たなら
遠い遠い夏の向こうへ

冷たくない君の手のひらが見えた
淡い朝焼けの夜空

夏がこないままの街を今
あぁ 藍の色 夜明けと蛍


ミニ情報
アルバム「Crimson Stain」収録曲
96猫の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
96猫「夜明けと蛍」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ