真夜中の強がり NMB48 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

NMB48
公式サイト
真夜中の強がり  ♪  NMB48
作詞 : 秋元康
作曲 : 熊谷蘭

やさしさなんて
間に合ってるわ
そんなに弱く見えてたの?
男たちは自惚(うぬぼ)れてるね
それが愛し方だと…

甘ったるい言葉
信じないよ
抱きしめれば済むと思うな
女たちは慣れっこだ
寂しさは友達

真夜中の交差点
静かすぎるよ
車とか人影もみんな消えた
なすすべなく 恋は終わるだけ
強がり言ってもひとりぼっちじゃないか

思い出なんか
足しにならない
あたしが惨めになるでしょう
どんな愛もいつの日にか
絶対 嘘になるもの

恨んでないよ
あんたのこと
過ぎた日々は輝いてた
ぽっかり空いた胸の奥
しあわせを数えた

真夜中はいつだって
止まってるよ
時間も感情も暗闇の中
涙 ひとつ頬に溢(こぼ)れても
見上げた空は月も星も見えない

帰り道は
歩いて行く
送らなくていい
なんかごめん
遅くまで
付き合ってくれて…

真夜中は悲しみを
捨てるゴミ箱
あんたとかあいつとか全部いらない
お気に入りのLOVE SONG歌おうか
気遣う者などいないひとりぼっち

真夜中はいつだって
止まってるよ
時間も感情も暗闇の中
涙 ひとつ頬に溢(こぼ)れても
見上げた空は月も星も見えない


NMB48の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
NMB48「真夜中の強がり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ