福富朝陽 アカシック 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

福富朝陽  ♪  アカシック
作詞 : 理姫
作曲 : 奥脇達也

そっと 出て行って
もうとっとと 逃げて忘れるか
五月の蝿かお前はと
唾吐かれたいか

お日様の下で 顔を上げて
誓ってみて

結構イラッときているわ
男のそうゆうの
しょっちゅうイラッときているわ
1円にすらなんない
結構イラッときているわ
今夜わたしは 福富に消えるわ

うっかりしていても
嘘はバレずにやります
猫と犬と亀と蛇と散歩した昔が

安いネオンの下で 懐かしくて
苦しくて

結構イラッときているけど
普通にしてた
しょっちゅうイラッときていても
可笑しく笑ってきた
結構イラッときているけど
許してあげたり

ママ、大人になれば
こんなもんだったの
わたしの夢って
余裕も無い 狭い街での日々と感情論だったの

結構イラッときているわ
男のすべて
しょっちゅうイラッときているわ
可笑しくもないダサい
結構イラッときているわ
許してあげたの
しょっちゅうイラッときていても
彼が心配だから
結構イラッときているけど
嫌いじゃないし
やっぱりまた、彼と生きるわ


アカシックの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
アカシック「福富朝陽」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ