男の絶唱 - 氷川きよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

男の絶唱-氷川きよし
Jword 氷川きよし
公式サイト

男の絶唱

 ♪ 

氷川きよし

作詞 : 原文彦
作曲 : 宮下健治

鬼も蛇も出る 浮世の川を
命からがら 度胸で渡る
浮いて沈んで 汚れても
泥に咲く花 睡蓮の
あゝ 睡蓮の
純なこころは 忘れまい

春の風吹く 桜の下で
惚れたあの娘と ふたりの宴
何度見ただろう そんな夢
苦労“く”の字で 眠る夜は
あゝ 眠る夜は
遠い故郷(こきょう)が 近くなる

いかに時代が 移ってゆけど
見失うかよ こころの灯り
雪の如月(きさらぎ) 風弥生(かぜやよい)
越えて卯月(うづき)の 酒酌(く)めば
あゝ 酒酌(く)めば
夢は千里を 駆け巡る


氷川きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
片惚れとんび
そこまで春が…
美ら旅
きよしの日本全国 歌の渡り鳥
デカンショ港
逢えてよかった
おんなのとまり木
おとこの詩
三百六十五歩のマーチ
アンコ椿は恋の花
男の絶唱/氷川きよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ