孤立恐怖症 ぼくのりりっくのぼうよみ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

孤立恐怖症  ♪  ぼくのりりっくのぼうよみ
作詞 : ぼくのりりっくのぼうよみ
作曲 : nuts rock・ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくらは毎日演じてる
誰かのために作ったイメージで
嘘で塗り固め取り繕う
ぼくらは一人きりじゃいられないから
夢中で紡いでいた君との
ちっぽけな繋がりが棄てられないから
虚ろな会話 流しながら
作り笑いで明かした朝

誰ために笑い 誰のために泣く
震える指先でなぞったart
何度反芻しても変わらない過去を

枯れた心は何を 何を欲しがっている
欲しいのは君か 君の目に映ってる 僕か

踊れ 何も知らない振りで
演じてるよいつまでも
決められたまま踊れよ

朝が来たら全て消える
空っぽになった心まで
変わらない日々が埋める前に

笑え 全部知ってる振りで
興味ないよ そんなのって
決められたまま踊れよ

朝が来たら全て消える
使い果たしたいんだ心まで
変わらない日々に戻る前に

いつしか背負ったのは意味の無いカルマ
共同体の小さな歯車
広い世界に狭い視界
自分を殺して笑ってる
誰かの意思に委ねてたら
いつしか自分の考えが無くなりました
集まりだした有象無象の
代替可能な集合中毒

最低な夜と最低な朝をループしてく
「自分の価値はここでしか担保されない」
言い訳して手にしたのは安堵と目眩
絡みあった心の輪 宛もない言の葉は
チクタク回っていく針に呑まれ終わっちゃった
切り売りした感情は買い戻せずに消え去った

殻だけがここに残る なう

踊れ 何も知らない振りで
演じてるよいつまでも
決められたまま踊れよ

朝が来たら全て消える
空っぽになった心まで
変わらない日々が埋める前に

笑え 全部知ってる振りで
興味ないよ そんなのって
決められたまま踊れよ

朝が来たら全て消える
使い果たしたいんだ心まで
変わらない日々に戻る前に

踊れ 何も知らない振りで
考えない空気なんて
ただ思うままに踊れよ

朝が来たら全て消える
使い果たしたいんだ心まで
変わらない日々に戻る前に

笑え 全部知ってる振りで
興味ないよ そんなのって
ただ思うままに踊れよ

朝が来たら全て消える
使い果たしたいんだ心まで
変わらない日々に戻る前に


ぼくのりりっくのぼうよみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ぼくのりりっくのぼうよみ「孤立恐怖症」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ