禁忌の暁星 - AKIRA+るな feat. マチゲリータの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

禁忌の暁星-AKIRA+るな feat. マチゲリータ
禁忌の暁星  ♪  AKIRA+るな feat. マチゲリータ
作詞 : マチゲリータ
作曲 : マチゲリータ

──かの話から千年。

“森立の城、晶へと贄を捧げた少年少女と真実の書物の話”

「童話の様な古い話、誰も信じない。
いずれ忘れ去られ朽ち果てて消えていくだけ」

それでも何かに導かれようやく此処へ辿りついた。
目の前の城の中であの“書物”が誰かを待っている。

小さな頃からずっと「城に近づくなかれ」と、
禁忌の様に避け続けてきたけれど。

どうして?なぜなの?
耳から離れない、あの古い話。
好奇心は抑えきれずに
一歩ずつ城へと踏み込む…

書物に触れたその時、知らない誰かの幻想が見えた。
悲しげに遠くを見つめて…
それなのに何故なのか不思議と幸せそうで。

──真実を知る為頁を捲った。

たちまち記憶が流れ込む…
“魔法の書物”“煌く星の病”“終天の真意”を見て、

ふいに声が聞こえた…

「わたしをおもいだして」
「ぼくをおもいだして」

浮遊した書物が開いて世界を飲み込んでいく。
魔法に包まれ消えていく総ての景色が今“文字”になる。

──彼らは総てを思い出したのだ。
呪われし輪廻の先、産まれた事を──


ミニ情報
アルバム「S×W EP」収録曲
AKIRA+るな feat. マチゲリータの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
BYE BY GIRL
アヲイトリ
躊躇チェリー
CALLING
午後四時零九分
ヴァニタスの円舞曲
Share with you
キリエ・トロイメンの調べ
エスケイピズム
イデア
禁忌の暁星/AKIRA+るな feat. マチゲリータの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ