アナタキミ - Swimyの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アナタキミ  ♪  Swimy
作詞 : Takumi
作曲 : Takumi

僕たちを乗せた列車は
目的地も特になく
慌ただしい街を離れていった
窓から見える景色と
頬をなでる風の匂い
僕たちの記憶を溶かしていった

今以上
これ以上
傷つきたくはないから

ずっとこのままどこか遠くまで行けるかな
二人の声しか届かないその場所まで
また散々君と話したあの場所で
あの日と同じ話をしよう

僕より悲しそうな顔した
君が言いたいことはわかっていたけど
気づかないふりをしたまま
きっといつか終わるよな
そう言い聞かせてはみても
それでも君の夢を見てしまうよ

また君に
まだ君に
会える日を探してる

向かいのホームあなたを探してしまうから
他の誰かと笑いあったりはしないで
それでもあなたを見つけたこの心は
あの日と同じままなんだよ


Swimyの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
アナタキミ/Swimyの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ