光化門で SUPER JUNIOR-KYUHYUN 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

光化門で  ♪  SUPER JUNIOR-KYUHYUN
作詞 : Kenzie・Natsumi Kobayashi
作曲 : Kenzie

もう戻れない 夏の気配を
消して行く 通り雨
Gwanghwamunではもう 樹々が染まり
気がつけば 秋の色

少しずつ君といた日々は 遠くなるけれど
あの頃のきらめきにちゃんと さよならができない

今日もただ情けないほど 待つだけ
降る雨に 濡れながら 決して来ない君を
手をつないで 歩いた道
あの日のままの 君に会いたくて

ねえ誰かと まためぐり逢い
あんなふうに 愛せるかな
珈琲が香る この舗道で
笑い合ったり できるかな

初めてのときめきを 君は僕にくれたけど
この想いもう届かない理由が 今もわからない

今日もただ情けないほど 待つだけ
降る雨に 濡れながら 決して来ない君を
手をつないで 歩いた道
あの日のままの 君に会いたくて

信じたい いつかは涙も
移ろいの中で 笑顔に変わること
ああ ここは あの時も 今日も 美しいから

僕はただ情けないほど 待つだけ
降る雨に 濡れながら 決して来ない君を
このまぶしい Gwanghwamunの道
あの日のままの 君に会いたくて


ミニ情報
アルバム「ONE VOICE」収録曲
SUPER JUNIOR-KYUHYUNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SUPER JUNIOR-KYUHYUN「光化門で」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ