いつか、きっと - 米倉利紀の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

米倉利紀
公式サイト
いつか、きっと  ♪  米倉利紀
作詞 : toshinori YONEKURA
作曲 : toshinori YONEKURA

君に出逢えたこの時代に、生きられていることが嬉しんだ
そんなこと穏やかに見詰めて、僕はいつか言えるのだろうか

人を好きになるということ、愛するということ
情熱で突っ走ることも、悪くはないはず

七里ヶ浜、濡れないように はしゃぐ姿、眩しい笑み
恋の駆け引きをするように 気付けば引き寄せられ

君にめぐり逢えたことだけ、ただそれだけでも嬉しんだ
そんなこと胸に詰め込んで、僕はいつか独り占めるのかな

誰に恋をするのかなんて、誰も知らない
何を美しいと呼び、何に惹かれる

水飛沫をスローモーションで 弾く姿、眩しい笑み
恋のミスを繰り返しながら 気付けば近付いてた

君に出逢えたこの時代に、生きられていることが嬉しんだ
そんなこと穏やかに見詰めて、僕はいつか言えるのだろうか


ミニ情報
アルバム「smoky rich」収録曲
米倉利紀の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
いつか、きっと/米倉利紀の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ