聖橋の夕陽 堀内孝雄 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

堀内孝雄
公式サイト
聖橋の夕陽  ♪  堀内孝雄
作詞 : 石原信一
作曲 : 堀内孝雄

学生街の 坂道で
偶然きみに 逢うなんて
白髪の混じる 齢(とし)なのに
ときめく胸が よみがえる

何を話せば いいんだろ
あの頃のきみが そこにいる
変わりゆく この街かどに
色あせぬ 青春がある

きみを傷つけた ことがあったから
今が幸せと 聞いてよかった…

聖橋から 眺める夕陽
川がまぶしく 時はたたずむ
戻らない 想い出に 恋をする

家路を急ぐ 日暮れ時
きみにも帰る 家がある
ためらいがちな 微笑みを
交わせば風が さらっていく

わずか5分でも 心熱くした
ここで見送ろう 人にまぎれて…

聖橋から 眺める夕陽
響く線路に 時が流れる
戻らない 遠き日の 恋が行く
戻らない 遠き日の 恋が行く


堀内孝雄の新着歌詞を見る⇒
堀内孝雄の人気歌詞を見る⇒
堀内孝雄「聖橋の夕陽」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ