歌詞ナビ ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



佐渡炎歌-城之内早苗 佐渡炎歌
歌手:城之内早苗
作詞:喜多條忠
作曲:弦哲也

これだけ男と 女がいてさ
なんであの人 知り合うた
佐渡の北端(きたはし) 願(ねがい)の宿(やど)は
風と波とが 涙にまじって眠られぬ

捨てられて 忘れられても あの人を
忘れられない 忘れられない おんなです

出逢いがあるなら いつかはきっと
つらい別れに 出逢います
小木(おぎ)の港か 宿根木(しゅくねぎ)あたり
空に横たふ 涙でゆがんだ天の川

好きだから 忘れられても 忘れない
たった一度の たった一度の 恋でした

捨てられて 忘れられても あの人を
忘れられない 忘れられない おんなです



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL

城之内早苗の新着歌詞
酔月夜
♪港の酒場で ほどよく呑んで
おはぐろとんぼ
♪やせて やせて やせて人恋う
豆桜
♪富士のふもとに 咲く花は
気がつけばいつでも夕陽
♪気がつけば いつでも夕陽
空港物語
♪雨に煙った 夜の空港 傷つく心を

城之内早苗の歌詞一覧


歌詞ナビ PCページで見る

  • 新着
  • 歌手名目次
  • 検索
  • 曲名目次
  • ランキング
  • アルバム情報
  • リアルタイムランキング
  • 歌詞ナビTOPへ