歌詞ナビスマホ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



サン
歌手:横道坊主

作詞:今井秀明
作曲:今井秀明

アルバム「悲しみ 月 そして希望」収録曲

春の風が 立ち弾む 予感にざわつき
痛む悲しみは束の間 陰に横たわる

雨が叩く 窓の音は トツトツと鳴り
明けぬ梅雨の 空を仰ぎ 深く息をする
独りぼっちの寂しさは 紛れる事なく
いつも胸の 隅っこで 膝を抱えてた

夏の始まり 緑の葉 薫る風吹けば
遠い記憶が切なげに 胸に去来する
暑い陽射しを駆け抜ける様な一瞬に
やがて蜩 夕涼み 秋の風が吹く

またひとつ 季節が行く

吹雪く冬のアスファルト つまづきながら
傷をかばい襟を立てて 時々笑った
そしてぐるり ひとつ巡り 待ち遠しいからと
独りぼっちの寂しさも 脚をバタつかす

また会おう 季節の中
またひとつ 季節が行く



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL

横道坊主の新着一覧を見る▶

横道坊主の人気情報


1 流星
どれくらいの 闇の中を 僕らはまた 行くの
2 High or Low
傷つけ合って ナイフの様なライド 突然の雨に
3 ハル
あの春の日の月は 眩しく輝いていて
4 サン
春の風が 立ち弾む 予感にざわつき
5 ユウガオ
焼けた夜の 遠くの方で 微かに差す 希望を見た

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ

Copyright(C) 2005-2018
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.