歌詞ナビスマホ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



わたしが君に出来ること
歌手:星羅

作詞:星羅
作曲:星羅

君がもし、くたくたになったら
すべてを捨てて逃げ出したくなったら
新しい場所に向かう準備をしよう

新品のシャツをとりだして
アイロンをかけて渡すよ
君の靴ひもが結べたら ドアを開こう

愛してる、とか 恋してる、とか
とりあえずなくても生きてゆけるよ
ふたり描いた 未来の約束
もうすべて叶えてくれたよ

わたしが君に出来ること
歩き出す背中を見送ること
思い出に泣かされないように
少しずつ忘れて行ってね
「ありがとう」笑うよ つられて 泣けるよ

君がもし、叫びたくなったら
傷ついた身体が破裂しそうなら
押し殺した泣き声を 張り上げて伝えてよ

悲しいことも 痛い心も
ひとりの両手に収めたりしないで
「誰にも言わない、言えないことだらけ」
君もそうでしょう?きっと

わたしが君に出来ること
いつでもここから追い風を送ること
君が見えなくて 隣に居なくても
もう大丈夫、ひとりでも

わたしが君に出来ること
棘のある言葉を綿毛に変えて
これから先も生きて行けるように
ここから君に伝えるよ

「ありがとう」ふたりで もう一度 笑うよ



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL

星羅の新着一覧を見る▶

星羅の人気情報


1 白線の内側にお下がりください
白線の内側にお下がりください
2 フラれにきたの
「夢とわたし
3 泣きながら
泣きながら花を買ったことありますか
4 冬の朝
誰もいない朝焼けの街は静かで
5 たとえば
大人になるほど怖くなるな

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ

Copyright(C) 2005-2018
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.