歌詞ナビ ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



no_image 時代おくれ
歌手:堀内孝雄
作詞:阿久悠
作曲:森田公一

アルバム「Old Friends」収録曲

一日二杯の 酒を飲み
さかなは特に こだわらず
マイクが来たなら 微笑んで
十八番を一つ 歌うだけ

妻には涙を 見せないで
子供に愚痴を きかせずに
男の嘆きは ほろ酔いで
酒場の隅に 置いて行く

目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは 無理をせず
人の心を 見つめつづける
時代おくれの 男になりたい

不器用だけれど しらけずに
純粋だけど 野暮じゃなく
上手なお酒を 飲みながら
一年一度 酔っぱらう

昔の友には やさしくて
変わらぬ友と 信じ込み
あれこれ仕事も あるくせに
自分のことは 後にする

ねたまぬように あせらぬように
飾った世界に 流されず
好きな誰かを 思いつづける
時代おくれの 男になりたい

目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは 無理をせず
人の心を 見つめつづける
時代おくれの 男になりたい



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL

堀内孝雄の新着歌詞
聖橋の夕陽
♪学生街の 坂道で 偶然きみに
空蝉の家
♪降りしきる蝉しぐれ 今年も暑いと言いながら
石をつらぬく滴であれ
♪澄み渡る水 てのひら浸せば
風に吹かれて(Blowin' In The Wind)
♪どれだけ歩いていったら
My Blue Heaven 〜いとしい仲間たち〜
♪夕暮れに誘われて 仲間がまた来る

堀内孝雄の歌詞一覧


歌詞ナビ PCページで見る

  • 新着
  • 歌手名目次
  • 検索
  • 曲名目次
  • ランキング
  • アルバム情報
  • リアルタイムランキング
  • 歌詞ナビTOPへ