歌詞ナビスマホ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



ひとつふたつ
歌手:矢野絢子
作詞:矢野絢子
作曲:矢野絢子


アルバム「窓の日」収録曲

小さくて大きなあなたの
背中が明るく染まってゆく
生まれてきてから今日まで
何度も夜は明けてきたんだ
たくさんの中のたった一つを
ふたつの胸にしまいこんだ
強く握ってた手のひらは
知らないうちに離れるのかな
薄い紫が広がる空
終わりと始まりの空を見たね
零れ落ちそうなほどあふれる
光があなたの胸に洩れ

弱くて強いあなたの
背中がそっと乾いてゆく
生まれてきてから今日まで
雨は降りあがってきたんだ
風を受けて立ち上がる
あなたはとてもきれいだよ
強く握ってた手のひらは
知らないうちに離れるから
世界中のどこかで雨が降り
どこかで晴れ間が見えてくる
そして今日この空の下で
ふたつの影は揺れている

いつか全てが消えてゆくなら
その時はきっと思い出して
あなたがそこで笑ってたこと
私が見つめていたことを
いつか全てが終わるのなら
その時はきっと思い出すよ
私がここで笑ってたこと
あなたが見つめていたことを



ツイート iTunes LINEで送る
この歌詞のURL
矢野絢子の新着一覧を見る▶
矢野絢子の人気情報
1 九月の高原
渡り鳥 旅立ってゆく 別れを告げた 背中
2 一人の歌
あなたがどんなに悲しくても
3 ふたつのプレゼント
クリスマスが来るたび私の名前を
4 明るい方へ
シャボンの泡に包まれて どこまでも高い空の下
5 ひとつふたつ
小さくて大きなあなたの

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ

Copyright(C) 2005-2018
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.