歌詞ナビスマホ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



エンジェルダスト
歌手:Plastic Tree

作詞:竜太朗
作曲:Tadashi

アルバム「B面画報」収録曲

そして広場には 独り 僕が居て
ブリキで出来た固い馬車に 乗り遅れたら
風はいつもより 気持ちよく刺さり
痛みは僕の骨に 冷たさを残しては 消える

植え付けた種は いつか芽を出して
指の痙攣は それまでは止まらない
みんなが嫌う 僕の最低な顔で
素敵な昼下がり 白黒の中 歩こう

いつまでも淡い闇に手をのばす 少し冷たい

光の粒で無邪気になる子供達は 僕を笑う
消毒された醜い僕を地下室まで

連れてゆくよ
連れてゆくよ
音もなく



ツイート iTunes LINEで送る
この歌詞のURL

Plastic Treeの新着一覧を見る▶

Plastic Treeの人気情報


1 名前のない花
鉄で出来た凹凸の街でずっと見慣れた夢も枯れそう
2 恋は灰色
迷子になってた僕らは 何にも無いってはしゃいだ
3 エクジスタンシアリスム
二元的な解釈で 実存主義理解してる
4 サーチ アンド デストロイ
退屈だ 夜に途方に暮れる
5 ユートピアベリーブルー
馴染めない泣き虫は 何百回位独りきり

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ