歌詞ナビスマホ 新着情報
新着情報
歌詞検索
歌詞検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



知床番屋


歌手:山口ひろみ

作詞:木下龍太郎
作曲:岡千秋

ようやく海明け 流氷が
北へ戻った オホーツク
男と女の 知床番屋
これからしばらく 恋休み
漁師は船出が 早いから
甘えちゃいけない 夜明けまで

一目で私が 惚れたのか
先に貴方(あんた)が 口説いたか
男と女の 知床番屋
いつしか二人は 恋祭り
全てを許した あの夜(よ)から
ぬくもり恋しい 腕まくら

大漁祈って 岸壁で
船を見送る オホーツク
男と女の 知床番屋
今年でそろそろ 恋納め
親御も承知の 仲ならば
秋味頃には 浜女房



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL

山口ひろみの新着情報


女の残り火
未練の残り火 消せるでしょうか 雨に打たれて
年上の女やけれど
甘えてええんよ からんでええの この膝いつでも
さよなら…あなた
未練の涙か こぬか雨 ひとり夜ふけの 汽車を待つ
望み星
見えぬ所も 手抜きはしない 励(はげ)む手仕事
雪蓮花
あなたと出逢って 初めて知った

新着一覧を全て見る▶

山口ひろみの人気情報


1 一世一代
明日(あす)の決まった 人生なんて
2 女の残り火
未練の残り火 消せるでしょうか 雨に打たれて
3 年上の女やけれど
甘えてええんよ からんでええの この膝いつでも
4 さよなら…あなた
未練の涙か こぬか雨 ひとり夜ふけの 汽車を待つ
5 望み星
見えぬ所も 手抜きはしない 励(はげ)む手仕事

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

  • 新着
  • 歌手名目次
  • 歌詞検索
  • 曲名目次
  • ランキング
  • リアルタイムランキング
  • 歌詞ナビTOPへ