岩佐美咲の検索結果一覧 - 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

岩佐美咲の検索結果
該当件数39件 その内139
|▲ 新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
佐渡の鬼太鼓岩佐美咲
惚れた男に ついて行かなきゃ女が廃(すた)る 何も聞かない 答えは一つ 親にもらっ
下町の太陽岩佐美咲
下町の空に かがやく太陽は よろこびと 悲しみ写す ガラス窓 心のいたむ その朝
夢芝居岩佐美咲
恋のからくり 夢芝居 台詞ひとつ 忘れもしない 誰のすじがき 花舞台 行く先の
空港岩佐美咲
何も知らずに あなたは言ったわ たまにはひとりの 旅もいいよと 雨の空港 デッキ
鯖街道岩佐美咲
小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃 溢れる涙は枯れるでしょうか 終わった恋を塩漬けに
石狩挽歌岩佐美咲
海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ 雪に埋
ふたり酒岩佐美咲
生きてゆくのが つらい日は おまえと酒があればいい 飲もうよ 俺とふたりきり 誰
ごめんね東京岩佐美咲
北へと向かう未練列車を 乗り継ぎながら女が一人 雪は止むかしら 雨に変わる? そ
一歩目音頭 <岩佐美咲バージョン>岩佐美咲
祭り囃子に誘われて 浴衣に下駄でいそいそと 愛しいあなたを見つけたら その輪に入
ハロウィン・ナイト <演歌バージョン>岩佐美咲
扉 開けたら まるで タイムマシーン! 巻き戻された夢のディスコティック 君を探
川の流れのように岩佐美咲
知らず知らず 歩いて来た 細く長い この道 振り返れば 遥か遠く 故郷が見える 
初酒岩佐美咲
生きてりゃいろいろと つらいこともあるさ 心の荷を下ろし ここらで一休み 我慢し
履物と傘の物語 <岩佐美咲バージョン>岩佐美咲
ある田舎の駅の近く 2つの店が並んでました 履物屋さんと傘屋さんの おばあちゃん
越冬つばめ岩佐美咲
娘盛(ざか)りを 無駄にするなと 時雨(しぐれ)の宿で 背を向ける人 報(むく)われな
つぐない岩佐美咲
窓に西陽があたる部屋は いつもあなたの 匂いがするわ ひとり暮らせば 想い出すか
北の宿から岩佐美咲
あなた変りはないですか 日毎寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこら
ブルーライト・ヨコハマ岩佐美咲
街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ あなたと二人 幸せ
ハナミズキ岩佐美咲
空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい 
なごり雪岩佐美咲
汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪
愛のままで…岩佐美咲
小鳥たちは 何を騒ぐの 甘い果実が 欲しいのですか 他人(だれ)かと比較(くら)べる
待つわ岩佐美咲
かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだねと 言われ続けたあのころ 生きるのがつ
涙そうそう岩佐美咲
古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた いつもいつも胸の中 励ましてくれる
ラヴ・イズ・オーヴァー岩佐美咲
Love is over 悲しいけれど 終りにしよう きりがないから Love is over ワケなど
時の流れに身をまかせ岩佐美咲
もしも あなたと逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか 平凡だけど 誰か
赤いスイートピー岩佐美咲
春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ 煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから 何
鞆の浦慕情岩佐美咲
冷たい風 雲を筆にして 墨絵のような海を描(えが)いてる いつかあなたが話してくれ
恋するフォーチュンクッキー<演歌バージョン>岩佐美咲
あなたのことが好きなのに 私にまるで興味ない 何度目かの失恋の準備 Yeah! Yeah!
異邦人岩佐美咲
子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている その姿
もしも私が空に住んでいたら岩佐美咲
人目忍んだ道に疲れ果て 隠し通した夢から醒める 愛し合ってはいけないあなたを 宿
フライングゲット〈演歌バージョン〉岩佐美咲
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na ギラギラッ 容赦ない
津軽海峡・冬景色岩佐美咲
上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で
あじさい橋岩佐美咲
遠くに ゆっくりと 梅雨(つゆ)が来て 空からそっと投げた 絹の糸の雨 静かな街並
無人駅岩佐美咲
列車の窓に 北の岬 ぼかすように雪が降る あの人を忘れられたら この旅は終わるの
ヘビーローテーション〈演歌バージョン〉岩佐美咲
ポップコーンが 弾けるように 好きという文字が躍る 顔や声を 想うだけで 居ても
翼をください岩佐美咲
いま私の願いごとが かなうならば 翼がほしい この背中に 鳥のように 白い翼 つ
帰郷〈岩佐美咲バージョン〉岩佐美咲
どこまでも続く 一本の道を 久しぶりに歩いてみよう 青空の下で 遠い山と田園とが
瀬戸の花嫁岩佐美咲
瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁に行くの 若いとだれもが 心配するけ
(秘)どっきりで行こう渡り廊下走り隊7(渡辺麻友・平嶋夏海・岩佐美咲)
(秘)どっきりで行こう ハートは高まるよ Yeah! その時の君を見たいんだ AH〜AH〜A
初恋よ こんにちは渡り廊下走り隊7(渡辺麻友・多田愛佳・平嶋夏海・岩佐美咲)
あなたの姿を見つけた時 ふいに胸の奥がキュンとした 新しい教室に分けられた 夏服
 


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ