吉幾三の歌詞一覧 - 歌詞ナビ


歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

吉幾三の歌詞一覧

該当件数52件 その内120
新着順|▲ 人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
俺ら東京さ行ぐだ吉幾三
ハァ テレビも無エ ラジオも無ェ 自動車(クルマ)もそれほど走って無ェ ピアノも無
雪國吉幾三
好きよあなた 今でも 今でも 暦はもう少しで 今年も終りですね 逢いたくて 恋し
秋風吉幾三
ただ傍に居るだけで 私はいいの ただもう少しだけ 夢を見させて 邪魔はしないから
おんな酒吉幾三
雨がパラパラ あなたとふたり ひとつ傘差し 歩いたネ 運命(さだめ) 悲しや 噂に
裏小路吉幾三
ちょっと通りの 裏小路 赤いちょうちん ポンと撫で お前によく似た 人がいて タ
命くれない吉幾三
生まれる前から 結ばれていた そんな気がする 紅の糸 だから死ぬまで ふたりは一
NDA![んだ!]吉幾三
夢を抱(いだ)いて東京へ オラが出て行く前の晩 田舎者だとみられるな 両親(ふたお
父子じゃないか…吉幾三
男だろう 飲みなよ 泣けるだけ 泣きなよ… 父親(おれ)でよきゃ 聞いてやる ひと
酒よ吉幾三
涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒 手酌酒 演歌を
男うた吉幾三
雨が枯れ葉に 落ちる夜 音を肴に 飲む酒は 何で今頃 あの女(ひと)を バカな昔に
津軽平野吉幾三
津軽平野に 雪降る頃はヨー 親父(おどう)一人で 出稼ぎ仕度 春にゃかならず 親父
雪の夜吉幾三
飲んでも飲んでも 酔えない時は あなたが恋しい 寒い夜 煙草のけむりが 目にしみ
酒、夜、ときどき雨吉幾三
淋しさ紛(まぎ)らす 酒がいい 悲しみ忘れる 酒がいい 出来ればあなたと ふたりな
人生まだ半分吉幾三
風に吹かれて 雨に打たれて 人生 生きてきたけど 心の隅に 何かいくつか お前に
華のうちに吉幾三
安らぎ求めて 男はいつでも フラフラ歩く 酒の鳥 好きだの惚れたの 女の涙など 
望郷〜斉太郎節吉幾三
春の便りが 来るのも待たず 故郷(くに)に残した 母親ひとり 二度か三度の 短い電
おばこ巡礼歌吉幾三
北の岬に 夕陽が散って ひとり旅には お似合いネ 忘れようにも 思いでばかり す
いつまでも…沖縄吉幾三
揺ら揺らと ゆらゆらと… 波まかせ 舟は行く 風の中 漕ぎ出せば 帆を立てて 風
我が娘へ吉幾三
叱った分だけ 愛してる 親なら誰でも そうなのさ 叱った分だけ 愛おしい お前も
北のえぞ番屋吉幾三
北の港のよ 番屋には 語りつがれた 酒がある 遠く異国で 眠る人 海をへだてて
 次の20件


TOPページ新着情報歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ