歌詞ナビ - 神野美伽の歌詞一覧

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

神野美伽の歌詞一覧
該当件数26件 その内110
新着順人気順|▲ 曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
赤とんぼ神野美伽
あなたの頬が まだ甘く その髪も緑で 幼い子供達が その膝で笑い 愛と幸せ包んで
あかね雲神野美伽
まわり道でも この世にふたり 遠くに見えるの しあわせが あなた待っててね ひと
石狩哀歌神野美伽
潮の香りとョ 打ち寄す波がョ ちょいと つまみの 女酒 あぁ… 海に浮かんださ
石狩挽歌(スタジオライブバージョン)神野美伽 with 古市コータロー+クハラカズユキ
海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ 雪に埋
浮雲ふたり神野美伽
浮雲みたいに このままふたり 流れて行けたら いいでしょうね あなたの影を 踏ま
お・ん・な神野美伽
水に流した 恋傷(かこ)なのに 雨のにおいが みれんを揺する ばかよばかでしょ ね
おんなの波止場神野美伽
鴎が低く飛ぶ 夕陽が窓染める 汽笛が遠くで 風に泣く 今は逢えない あの人なのに
風岬神野美伽
海鳴り 黒髪 波しぶき 風の痛さよ 冷たさよ 海よりも深い 心の傷は どこへ逃げ
鴎を売る女神野美伽
鴎はいらんかい 可愛い鴎だよ 人の言葉も話すしさ お酒だって飲めるしさ 新宿港に
北港神野美伽
雪が舞い込む 暖簾の裾に 細腕ひとつで 賄う酒場 この港町(まち)捨てても 行く先
 次の10件


TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ