河村隆一の検索結果一覧 - 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

河村隆一の検索結果
該当件数151件 その内1100
|▲ 新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
God's gift to man河村隆一
優しい雨の森 小川の流れる音 樹木を打つ雨音 水面を跳ねる雨 木々を揺らした風 
Longing for河村隆一
雨が今 砂浜をうつ 空にあく かぎ裂きが... どこまでも続く 僕は一人 歩いてた
あなたの花河村隆一
あなたの想いに 花が咲く ぬける様な 青空の様な 汚れも知らない 一輪の花が あ
August河村隆一
キミの もえる髪を 眺めてた 風に揺れてた あの日の午後 木陰で キミの もえる
Guitar Riff河村隆一
時を刻んだ 写真 鮮やかなまま あの日の瞳 今も 輝いたまま 未来へと 今 続く
raindrop河村隆一
雨粒一つ キミの 手のひらに落ちた 雨粒一つ 僕の 手のひらに落ちた 雨粒一つ
a butterfly河村隆一
蝶がヒラヒラと 時を演じてる ついえそうな その命の火を ゆらして 花から花へと
Colors of time河村隆一
Some place not too far, instruments of time play a song A small light, shining
line of flight河村隆一
広がってゆく 空が 重なってゆく 時が その風に乗せ 想いよ羽ばたいて行け あな
oneself河村隆一
キミの頬を 涙がそっと 溢れたなら wow wow 歩き出そう それは何かを 許せたア
Wisteria -ふじ-河村隆一
トネリコの葉が 風にそよそよと揺れてた 黄昏時の色 紅を注いだ 地平線の彼方を
Promenade -散歩道-河村隆一
気まぐれな会話を 楽しもう時を 懐かしいあの風景を 振り返ろう今君と どんな頂き
Candle -炎-河村隆一
星降るこの夜に花束のパフューム 長い余韻の中で 寄り添い合う様にバロックの調べに
Chronicle -年代記-河村隆一
そうまるであの頃と 何も変わらない この道は深遠な影を 浮べているだけ まるで時
Terroir -恵み-河村隆一
白いアカシアの花 咲く季節のこの雨 ささやかなモノポール 小高い丘 雨上がりのあ
Architecture -魂のしくみ-河村隆一
はかなく透けたそれは 真白な柔肌この腕の中で 象牙細工の様に 冷たく壊れそうに
Moderate -ゆるやかな-河村隆一
刈りたての芝生の匂いと 揺るやかに過ぎてゆく午後と 君といる奇跡 その魔法は今も
Champagne -時の旅人-河村隆一
その影は その朝日に 長く伸びてゆく 時の旅人よ ロマネスクの 街並に 深く刻ま
Cold Rain -冷たい雨-河村隆一
どんな時代にも 降り続いてる 冷たい雨の中 違う言葉も 信じてる物も 認め合えな
Beautiful World -美しい世界-河村隆一「省エネの達人 企業編」テーマソング
明日に誓った夢がある いつまでも求めていたい あの頂きの一輪の花 掴む様な想いの
Twilight Time -その訪れ-河村隆一
この人生に 最後に残る 記憶に咲いた セピア色の写真は... 振り返るなら 笑顔数
never fear河村隆一劇場版「頭文字D Legend1 -覚醒-」主題歌
何度も朝靄の中を 走った 風を切り裂いて その先に 輝いた光を宿して 静かすぎた
taboo河村隆一
数えてみようか 掲げてる そのtabooを 犯してみようか 誰より タヤスク 隠して
長い夜の終わりに河村隆一「省エネの達人 企業編」テーマソング
灰色の街に灯る 柔らかな光は まだ小さな 希望を照らす wow wow 信じる人の心が
愛の唄河村隆一
壊れそなキミの 震えてるキミの 心を 暖めて 掴まえていたい 僕のこの手で かな
Holy Song河村隆一
彼女はその夜を 聖なる夜と呼び 戦士の痛みを 拭った どんなに哀れでも その剣を
Life河村隆一日本テクノ株式会社 CMソング
歩こう 急がず 君と二人で 晴れも 曇りも 嵐の中も 行く先は 誰も決めかねてる
星と翼とシグナル河村隆一
慌ただしく消えゆく 流れ星に願いを 夜明けの空 瞬(またた)く明星 生まれたての今
Sea of Love河村隆一
あの日聴いた 寄せては返す波に揺られ 貝殻達が涼しげに踊り 二人を無邪気にした
トパーズの丘河村隆一
色を染めていくよ 青空が夕暮れに 西の空にはもう 星がともされた 真っ赤に咲く
Love & Peace河村隆一
昔この街で 流されたメロディ 人々の声を 代弁してた 掲げたLove & Peaceを 誰も
永遠の詩河村隆一
キミの目に 灯(とも)るものがあるなら この僕が 言葉に変えてあげる さぁ キミが
My Love河村隆一
この 心の闇が 深まる程光を求め 意味も無く 訳も無く 叫んだ答えをと 心の淵か
Miss you河村隆一「プレバト!!」8〜9月エンディングテーマ
雨音の中 雲の切れ間を待ってる 不安な夜 どう過ごせばいい 不器用になるばかりで
女優 〜枯葉に落ちる優しい雨のように〜河村隆一映画「女優」主題歌
その優しさに涙を拭う あなたがくれた優しい光 いつも叶えたい 叶えられない 望み
the earth 〜未来の風〜河村隆一「省エネの達人 企業編」テーマソング
言葉に出来ない 想いがあるなら 聞かせて... 僕は諦めたり 決してしない... 生まれ
七色河村隆一ドラマ「白衣のなみだ」エンディングテーマ
人ごみに紛れた 叶えられそうな 夢もあって um 楽しげに微笑む そっと切り取った
手紙 〜拝啓 十五の君へ〜河村隆一
拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう 十五の僕には誰にも
in the sky河村隆一
壊れたメロディ この世界を それでも空は 気まぐれだね いつも キミは小さな声
なごり雪河村隆一
汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪
リフレインが叫んでる河村隆一
どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた 最
空と君のあいだに河村隆一
君が涙のときには 僕はポプラの枝になる 孤独な人につけこむようなことは言えなくて
Hello, Again 〜昔からある場所〜河村隆一
いつも 君と 待ち続けた 季節は 何も言わず 通り過ぎた 雨はこの街に 降り注ぐ
帰りたくなったよ河村隆一
心の穴を埋めたいから 優しいフリして笑った 出会いと別れがせわしく 僕の肩を駆け
明日のために河村隆一
明日のために 今を走り出そう 二度と戻らない この瞬間を 明日のために 青春を増
Searching for the light河村隆一舞台「銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇」テーマソング
夜空に並べられた星の 囁きに 導かれては 人は皆 ささやかな 夢を灯し続けた Re
マーメイド河村隆一
僕は今手を伸ばす 欲しいのは月夜に流す 奇跡の雫で 白波を掻き分けて 白い帆に風
こもれび河村隆一
夏 それは情熱の陽 君と二人歩いた浜辺 落とした細いリング 夜中二人探してたんだ
悪夢に目覚めても...河村隆一
疾風のごとく 時代は過ぎ去って コートを纏う 哀しみを深めてくように 巻積(いわ
森の中のRONDO河村隆一
足を踏み入れる事も 許されない森の中 夜更け過ぎの ざわめき立つ闇のもののけが
想いそのままに河村隆一
走ってくイルカ達の群れを追って 透き通るインディゴの海に浮んで 君と過ごしたあの
旅の終わりに河村隆一
夕暮れのベルは僕を一人残す 誰もいない公園 風に揺れていたブランコに現れる 一人
Symbolic Tower featuring AKANE LIV (from LIV MOON)河村隆一
雲まで 飛べる日まで... かけらは 砕け散って あなたと 交わす未来 この身を
Brain河村隆一
心を持たないメタルの塊 思考の欠落 オイルをくみ交わし 計算ばかりか 採算ばかり
HANA河村隆一
分厚い雲が重くのしかかってる 世界に影落として 鉛色した低すぎるこの空は 色さえ
風の巡礼河村隆一
吹き抜ける風は 永遠の様で 遥かなる時を 駆け抜けてゆく 立ち尽くすばかり 僕の
YO GA YONARA...河村隆一
涙溢れる程 その愛をみつめて 何よりも 美しい 日出ずるこの場所で 気高さなど纏
白い絵の具河村隆一
僕の描く空を わけも聞かずに 君は絵の具 白い絵の具で うめてく 元どおりに 赤
How Deep Is Your Love / 愛はきらめきの中に河村隆一
朝目覚めた時のやわらかな日差しのよう 例え遠く離れても君をそばにかんじる まるで
Over The Rainbow / 虹の彼方に河村隆一
夜毎に見る夢は 虹の橋のデートの夢 きょうも祈る夢は 虹の橋のデートの夢 お星さ
Arthur's Theme (Best That You Can Do) / ニューヨーク・シティ・セレナーデ河村隆一
ひとつの 出逢いに これほど 揺れている 心がまだ 信じられない ひとこと 言う
Ave Maria / アヴェ・マリア河村隆一
Ave Maria! gratia plena, Maria, gratia plena, Maria, gratia plena, Ave, Ave!
Happy Ever After / ハッピー・エヴァー・アフター河村隆一
「だからって あなたの自慢の 女ともだち ほめる気はないわ」 カルイ 音で溶けて
I Like Chopin / 雨音はショパンの調べ河村隆一
耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘い調べ 止めて あのショパン 彼にはもう会
Nessun Dorma「Turandot」 / 誰も寝てはならぬ河村隆一
眠らずに 眠らずに あなたは今 冷たい部屋で 星を見つめ 愛の予感に震えてる こ
My Way / マイ・ウェイ河村隆一
いま船出が 近づくこの時に ふとたたずみ 私は振り返る 遠く旅して 歩いた若い日
When I Need You / 遙かなる想い河村隆一
このまま夜が明けるまで あなたと二人で歩き続けたい 互いに待ちわびる人が 他にい
Moon River / ムーンリバー河村隆一
Moon river 夜の河 渡る金の月 光が囁く 「君も僕も旅人さ」 Two drifters 果て
大空の記憶河村隆一
さあ 高く 舞い上がれ孤独よ この 心の 熱さは奪われない 旅の意味を 取り戻せ
Brilliant Stars (album mix)河村隆一
瞳を閉じて心の声を もう一度確かめたくて ビルの森の中 眠らない街の中 薄曇りの
やどり木の下で河村隆一
石畳の道とレンガの家 立ち並ぶ糸杉 その場所を探して歩く二人 コートの襟を立て 
薔薇とプリンシパル河村隆一
たとえば涙が こぼれるみたいに 君が小さく 笑ったのなら どんなに包んで あげた
草笛河村隆一
夢心地の太陽 爽やかに吹く風 髪をなびかせて 君を連れて行こう 自由とは約束する
言葉に出来ない河村隆一
時に眉をひそめて うつむいてる 君を見つめてる そばにいられない日々も 決して止
光のカゴ河村隆一
夜の夜景のその窓の 明かりには違うストーリー 名前さえ知らない 人達がいて 光の
淋しい時はいつも河村隆一
ひまわりは朝日を 映る鏡 昼間の雲はまるで 空駆ける天馬達 ひらひらと 白い鳥の
残された記号河村隆一
真っ白な地平のかなた 果てなき天空の地に 見下ろせば巨大な雲が 生み出され孤立し
Last Night河村隆一
冷めた都会の景色に 手探りで探す 自分のありかを 窓に映る 見慣れない自分 透明
愛は河村隆一
つかんでは消えてゆく光 それは愛という光 だから人はすれ違い また突然出逢い 戸
Your Beat河村隆一
語り明かした夜 君は覚えてる 誰が一番好きとか 憧れに魅せられ 熱くなっていたね
抱きしめて河村隆一ジェムケリーCMソング
虚ろなこの空も 君がいれば 少し違うはずさ 遠く離れても 何故こんなに 心は離れ
Fly away河村隆一
何処に向うのかと 朝焼けのテラスで 出来すぎたこの悪夢に 問いかけてみたんだ 足
最後の口づけ河村隆一
最後の口づけ(キス)を君と交わす様に 眠りつくのさ 今日の旅が満たされ事を 教え合
Brilliant Stars河村隆一「ジェム・ケリー」CMソング
瞳を閉じて心の声を もう一度確かめたくて ビルの森の中 眠らない街の中 薄曇りの
朝日にゆるされ河村隆一
落ちる太陽と 延びる影と 秋色の景色と あと何度同じ 夕暮れ知る いつ逢える事だ
Song for you河村隆一
先の見えない時代 誰もが不安浮かべ 溜め息をついて 夢をなくして 変わらないと
もうすぐ逢えるから河村隆一
もうすぐ逢えるから 美しい物語に そっと待ってる 想い募らせて とても新鮮な 驚
それを愛と呼ぼうか河村隆一
削りたての鉛筆(ペンシル) 楽譜の裏 君を描(か)いた 月の耳に 揺れる髪 大きな瞳
色彩絶佳河村隆一
薄墨 滲んだ街を どこまで歩こうか このまま 二人で 夜明けは そこまで来ている
朝顔河村隆一
少し早く目覚めて まだ君は そう夢の中 テーブルにそっと移り 届きたての ニュー
根付けの鈴河村隆一
松の林に 朧月 浮んでる あの夜の様に 絵画にある 不思議な夜 君が 残したもの
冷たい雨河村隆一
窓を叩く 降り出した ばかりの雨 古びたワイパー 真夜中の交差点 ずっと先へ連な
潮騒河村隆一
小波の様に君は 寄せては返す 潮騒を聞いた 誰もいない砂浜 海岸線を描く ガス灯
夢のカケラ河村隆一
はぐれたカケラよ さよなら 大都会の喧騒の中で 砕け散った 街も今は 声を潜めて
柘植の櫛河村隆一
部屋の灯りを落として 毎晩髪をとかす 君の柘植の櫛 時を融かすよ ベッドに深く腰
北へ河村隆一
桜並木 舞う花びら 僕等を乗せ 車は弛いカーブ 左に曲がってく 進路を北へと 変
月はもちろん河村隆一
欠けた月 僕の心は まだ足りないから そう 君がいて そう 初めて 満ちてゆく
ヒロイン河村隆一
口づけは 切なく幕を開く 僕はコートの中 君を隠した あの頃は別々の 場所で生き
誰もかれも騎士(ナイト)河村隆一
退屈な日々さえ 懐かしい限りだね 悪い冗談ならやめてよ スリルなんて命かけて 楽
緑の詩河村隆一
厚い雲から差し込んだ 光の柱が並ぶ 小高い丘の向こうに 広がる街は… 色とりどり
 次の51件


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ