歌詞ナビ - 森進一の歌詞一覧

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

森進一の歌詞一覧
該当件数30件 その内130
新着順人気順|▲ 曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
熱き心に森進一アルバム「地球の男にあきたところよ 〜阿久悠リスペクト・アルバム」収録曲
北国の旅の空 流れる雲はるか 時に人恋しく くちびるにふれもせず 別れた女(ひと)
あるがままに生きる森進一
理不尽なことも呑み込み 曲がった嘘も許した 噂も誤解も偽りも 心にあとを止めず…
今想えば森進一
もう君と 会わなくなって どれくらいたつだろうか 時々机の中から 君からの手紙だ
運河森進一
あなたほんとに いいのねこれで 別れはしかたが ないことですか つたえきれない
襟裳岬森進一
北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由(わけ)のわからないこ
狼たちの遠吠え森進一
ささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわせの群れからはぐれても 俺は過去を素直に受
おふくろさん森進一
おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨の降る日は 傘になり 
終りにしましょ森進一
終りにしましょ あなたの夢一つ もう支え切れない その手を解いて 縛るのはやめて
女坂森進一
身丈の着物の私をつれて 母は黙って背負子(しょいこ)で歩く 山道いつも聞かされたの
女の恋森進一
あなたの匂いが 素肌にしみて 離れない あなたと私 何があろうとも 恋の深みを
風の噂森進一
一度つまずきゃ 男でさえも 浮世苦労は つづくもの まして悲しい 噂であれば 微
北の螢森進一
山が泣く 風が泣く 少し遅れて 雪が泣く 女いつ泣く灯影が揺れて 白い躰がとける
さらば青春の影よ森進一
こらえきれない空よ 降り出す雪に 過去を 抱いていたい 遠い春に二人の 影が揺れ
情炎森進一
好きならば奪ってと 泣いて叫びたい強く ぎりぎりのこの想い 分かって欲しい 身体
たずねて小樽森進一
泣くなと言えば 尚更泣いて 夜の坂道 消えた影 遠く千切れる 霧笛さえ お前のあ
月のエレジー森進一
眠れない夜は 窓辺に椅子を寄せて 遥かなふるさとまで 道のりをたどる 瞳を閉じれ
露の恋森進一
あなたに逢えない 淋しさに こぼれる吐息も 涙色 世間隠(がく)れの つらい恋 消
なにはともあれ森進一・森昌子「今夜は恋人気分〜とっておき夫婦物語〜」テーマソング
♠♥ららら 歌うように生きられたら  ららら 喜びや悲しみさえ  らら
眠らないラブソング森進一
ねぇ あなたの今 ラブソングには 遠い昔の あの揺れる想いはあるかい? そう 時
八甲田森進一
恥じないだけの 生き方したつもり 黙(もく)して語らぬ この旅を 吹雪く火の雪 八


- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
波止場森進一
女心を引き裂いて 汽笛ひと声 泣く波止場 死ぬより哀しい 別れが来ると 知らずに
はな森進一
名も無い花に生まれ ひそかに生きている 大きなリボンで飾られなくて 誰かの胸にも
花と蝶森進一
花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する
花のブルース森進一
夜に咲いても 花は花 朝に咲いても 花は花 ましてあなたの 胸で咲く 女ですもの
ひとすじの白い道森進一
わけもなく悲しみが 胸うつ夜は 思い出の数々が うかんで消える ふりむけば ひと
冬のリヴィエラ森進一
彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺の
道標森進一
振り向けば 咲く想い出 ばかな事もしたと そう笑えるけど つまずき、転んでは、立
港町ブルース森進一
背のびして見る 海峡を 今日も汽笛が 遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港
ゆらぎ森進一
さよならは あまりにも突然で そのくせどこかで 覚悟を決めていた もう失うものが
私の恋森進一
初めて抱かれた あの日から 幸せ約束 燃えたのよ 信じて明日(あした)を 待ったの
 


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ