槇原敬之の検索結果一覧 - 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

槇原敬之の検索結果
該当件数160件 その内1100
新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
不器用な青春時代槇原敬之
買ったばかりのTシャツで また手を拭いてしまった 何かいいアイディアは無いか 夢
Souvenir 〜思い出〜槇原敬之
そう確かに日本人はちょっと 働き過ぎと思うけれど 他の国の人達はちょっと 働かな
運命の人槇原敬之
残念な事に君は 僕の友人に恋してて 彼の事を聞きだそうと 誘われた焼き鳥屋を出た
テレビでも見ようよ槇原敬之
居心地の良さもずっと 一緒だと忘れてしまう 互いにもう無理だと何度も 思いながら
You are what you eat.槇原敬之
好きな事をやっている だからといって 辛い時やしんどい時も 山ほどある 当然! 
A HAPPY NEW YEAR槇原敬之
A Happy New Year! 大好きなあなたの部屋まで 凍る街路樹ぬけて急ぎましょう 今年
信じようが信じまいが槇原敬之
自分が思うより言葉は 誰かを傷付けてしまう 言葉で攻撃する黒い 魅力に取り憑かれ
もしも槇原敬之
もしも突然音楽が 聞こえない日が来ても いつでも君の側で僕は 歌い続けるから 誰
理由槇原敬之
誰かの幸せが自分の 幸せなんだと思って 追い求めていたものなのに 諦めそうになる
一歩一会槇原敬之
いつもただ車に乗って 通り過ぎていただけでは 気付けなかった景色や 出会いがある
超えろ。槇原敬之
どこからか諦めの 言葉が聞こえてきても 諦めたくないのなら 諦めずに進めばいい 
5 minutes槇原敬之
あと5分もすれば 電車がホームに入ってくる 遠く旅立つ僕を見て 泣いたりしないで
君の書く僕の名前槇原敬之
僕にとって 何て事ない簡単な事が 君にとってとてつもなく 難しい事もある 僕が手
ミタテ槇原敬之
風で花びらが散って 掃除が大変だよ でも何度見ても桜は 本当に綺麗だねと おじさ
可愛い人槇原敬之
隣に座って ほんの一言だけ 挨拶か何かを 交わしただけで 世界中の幸運を 独り占
鋭く尖った細い月槇原敬之
なんでも必死にやってきた かたっぱしから飛びついた やって良い事と悪い事 そうや
Once Upon A Long Ago槇原敬之
Picking up scales and broken chords Puppy dog tails in the House of Lords Tell
言わせて下さい槇原敬之
マイクの前で高いところから 大変失礼致します 人前で初めて歌を歌った日から 25年
Elderflower Cordial槇原敬之
ありがとうという言葉には 本当は不思議な力がある でも言うことを忘れていれば そ
Alone槇原敬之
彼はたった一人 遠い国に降り立った 人々に仕事を与え 荒れた地を緑に変える為に 
Fall槇原敬之
何時でも決まった事を 一人で淡々とこなす 人が絡まない分だけ 問題も起こらないけ
新しいドア槇原敬之
何かもし見つかったら 怖いからと僕は 健康診断もがん検診も 行こうとしなかった 
Life Goes On〜like nonstop music〜槇原敬之
お気に入りだった服が 前のように似合わない 鏡の中見つめながら 君はため息ついて
君への愛の唄槇原敬之
誰かのことをこんなにも 思える今の自分を 育ててくれたのが今日までの すべてだと
桜坂槇原敬之
この坂道が花吹雪になる前 君はこの街を出て行った 手紙をだすと交わした約束は い
LOVE LETTER槇原敬之
線路沿いのフェンスに 夕焼けが止まってる 就職の二文字だけで 君が大人になってく
花水木槇原敬之
最後のデートも 同じ場所で待ち合わせよう 花水木の通りの終り 線路沿いの空地でハ
No.1槇原敬之
お互いのことをもう さぐるのはやめよう もうわかっている 君は僕が好きで 僕は君
キミノテノヒラ槇原敬之
久しぶりに訪ねた 友達は少し やせて見えたけれど 悪くはないね スーツ姿でいつで
雷が鳴る前に槇原敬之
突然雨が降り出して 僕のリュックと肩がにじんで 何だか急に君に 会いたくなった 
夏のスピード槇原敬之
夕立の後の空を 逃げるように流れる雲 僕等の明日も こんな風ならいい 抱きしめた
ひまわり槇原敬之
冬の夜 僕は 卵を抱える 鳥のように 君を抱いて眠った 夏の僕達が ベッドの両端
CLASS OF 89槇原敬之
どうして君は 僕のことを 追い越して行ったの? 四年も二人 通った場所が 嘘にな
くもりガラスの夏槇原敬之
思い出 焼き付けた 日光写真のように 僕は真っ黒になった 今年の夏 いつしかベッ
Witch hazel槇原敬之
恋と呼ぶにはさよならを聞くことを 覚悟していた僕らだった 夏休み中のKISSの数が一
花火の夜槇原敬之
夕立止んだ夜空はまるで 体育館の黒いビロード 今年もいろんな街から 集まってくる
バイトが君を待っている槇原敬之
前より輝く 自分がいるから 見慣れた街も 輝いて見える ウィンドウに映る ユニフ
Theme Song槇原敬之
消防車がサイレンを鳴らし 真昼の街を駆けて行く 耳を裂くその音に僕は なんとかな
Birds Stop Twittering Tonight槇原敬之
繋がってないと不安で 短いメール繰り返してる 僕はふと思う繋がっていたいのは 回
Season's Greeting槇原敬之
ドアを開け外に出ると よく君の鼻や頬を 赤くした冷たい風が 吹き込んできた あの
Curtain Call槇原敬之
君のために最高の キャスティングが用意された 大事なことを学ぶため 名悪役が主人
まったくどうにもまいっちゃうぜ槇原敬之
アゴをあげて前を向いて 例えどんなひどい景色でも 断ち切るリボンや くす玉がなく
Flying Angels槇原敬之
ブランケットをけちらし 方々に転がって なかなか変なかっこうで 眠る子供達 いつ
Boys & Girls!槇原敬之
長ければ長くなるほど 思い描く理想の人は 完璧さを増して行き 変わらない自分に諦
ゼイタク槇原敬之
君が旅行の間留守番 久しぶり一人の贅沢 たまった映画観まくって 人目気にせず泣い
四つ葉のクローバー槇原敬之
あげるよと言って 差し出した君の 指先風に震える 四つ葉のクローバー 見つけた人
恋する心達のために槇原敬之
今まで会った誰とも まるで違う君に 恋をしている自分を 認められれば楽なのに 何
秋の気配槇原敬之
あれがあなたの 好きな場所 港が見下ろせる 小高い公園 あなたの声が 小さくなる
二つのハート槇原敬之
ばらばらになっていた ピースを一つずつ丁寧に 心の中でかき集めて パズルのように
Jewel In Our Hearts(Japanese Ver.)槇原敬之
駄目な自分を隠すための 流行の服や髪も 突然の雨で台無し 二人ただの濡れた人 何
犬はアイスが大好きだ槇原敬之
気づけばもう もらえると信じて 足下に並んで きらきらの目で見つめてる ばれない
LUNCH TIME WARS槇原敬之
組んだその腕の中に 財布を守っているの 急ぎ足なのは狙った 獲物ゲットするため 
林檎の花槇原敬之
五月の空の青と萌える緑の間に 薄紅色の小さな林檎の花が咲いている 君は彼と彼女が
Appreciation槇原敬之
仕事場へ僕を毎日 運んでくれる電車を 動かしていたものを どうして僕は悪く言える
White Lie槇原敬之
停電中のろうそくの 炎を見つめながら 遠い昔にこの国で 生きた人の事を想う 全て
風は名前を名乗らずに槇原敬之
「君を思う気持ちを どうして分かってくれないの?」 君の一番側にいる僕は 昨日た
軒下のモンスター槇原敬之
突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのように 揺れる稲穂があまりにも 似合わない君が
Remember My Name槇原敬之
さっき君に告げたのは 僕の名前だけど それは君の友達という別の 意味があるんだ 
今日の終わりにありがとうを数えよう槇原敬之
今日ものぼって来てくれた 太陽にありがとう なくならないでいてくれた 空気にあり
夜空にピース槇原敬之
突然の歯痛に苦しむ僕を 心配そうに見てた ex-girlfriend 可哀想にと僕の頬を 優
幸せの鍵を胸に槇原敬之
紙とインクの甘い匂いと 日差しに光る少しの埃 図書館の広い机に置いた 大好きな本
ビオラは歌う槇原敬之
ビオラが居なくてもきっとなにも変わらないさ そうみんなで笑い先に始まった練習 で
フルサト槇原敬之
とがった先の鉛筆じゃ だめな気がして 意味のない円を落書きして まるくしてかいた
YOU GOTTA BE槇原敬之
Listen as your day unfolds challenge what your future holds Try to keep your h
不安の中に手を突っ込んで槇原敬之
不安は何も書かれずにただ 上に穴だけ開いた箱 中身が何か分からなくて 誰も自分の
In love again?槇原敬之
相談に乗ったり飲みに行ったり 苦手なカラオケ付き合ったり 真面目なぶんだけ悩んだ
おさらばだ槇原敬之
致命的な状況へ 向かおうとする気持ちの 後ろ襟をつかみ 僕らは 引きとどめておく
ムゲンノカナタヘ〜To infinity and beyond〜槇原敬之
望みが叶うその日が 必ず来るとは限らない そんな思いに足を取られ 動けない君をよ
冬のコインランドリー槇原敬之
洗濯物をかかえて君と 冬の真夜中散歩に出る 缶コーヒー2つ買って 蛍光灯の明かり
Taking The Central Course槇原敬之
正しいことをしようとしてるか いつも確かめ合っていよう 僕らが信じようと決めたこ
幸せはタイヤを穿いてやってくる槇原敬之
ディーラーの後ろ横向きに 停まってるその車は 初めての場所に戸惑って 隠れる犬み
Chocolats et Sweets槇原敬之
あなたが口の周りと指を べたべたにしないと 食べられなかった頃から 何も変わらな
君の後ろ姿槇原敬之
それじゃあまたねと別れた後 君にはすこし大きい気がする 見慣れた鞄を揺らしながら
つま先立ちで (笑)槇原敬之
すべて知ってる気になっても 少し高い場所に立ったとたん 今まで見えなかった世界が
Hey...槇原敬之
死んでしまうことなんて 君が旅立った日まで すごく特別過ぎて 縁がないことに思っ
僕の今いる夜は槇原敬之
真夜中に目が覚めたら この夜の中自分だけ 取り残されたような 孤独な気持ちになっ
The Average Man Keeps Walking.槇原敬之
信号待ちウィンドウに映る 平凡な自分を見て思った 運命の人がこの僕を 探し出すの
Merry-go-round '08槇原敬之
突然にもらった 休みをもてあます 僕をよそに溢れ返る 誰かを待つ人達 今年も街路
WE LOVE YOU.槇原敬之
今ここにある何一つでも 欠けていたならばきっと この手の中の幸せは なかったと思
Orange Colored Sky槇原敬之
遠く夕日に赤く燃える雲を 僕は立ち止まってみてる 美しさに震えてしまう心を 止め
Firefly〜僕は生きていく槇原敬之
暗い夜の中に見つけた 小さな蛍の淡い光に 希望を見いだせる気がして 気付けば追い
お元気で!槇原敬之
君と出会ってはじめて 心から気付いたんだ 僕らはこんなにも誰かと 分かり合いたい
祈りの歌が聞こえてくる槇原敬之
歌は誰の唇にも止まる 烏がどんな枝にもとまるように 今日も君の唇に歌はとまり 君
Dance with me.槇原敬之
こんな曲じゃ 昔は うまく踊れなかったのにね エスカレーターに乗るように 初めの
カイト槇原敬之
キャップの上からフードかぶり ポケットに手を入れ立ちすくむ 君の姿はまるで 氷山
Love was sleeping.槇原敬之
濡れても平気だと思う僕に 傘を差し出してくれた人 そのうれしさに気がつけなかった
lose no time槇原敬之
書き間違えたノートの ページを丸めて捨てた 僕がもしも神様なら こんな風に何も迷
赤いマフラー槇原敬之
銀座四丁目交差点に 今年初めての雪が 季節外れの花びらのように 舞い落ちてきた 
Anywhere槇原敬之
光るタワーの上の方が 低気圧の空に飲み込まれて 見慣れた東京が知らない 街のよう
Circle of Rainbow槇原敬之
流れ落ちるビクトリアの滝 舞い上がる水煙に 太陽が描く巨大な 丸い虹がテレビに映
五つの文字槇原敬之
繰り返すだけの毎日と 勝手に思い込んでいたけれど 明日が必ず来るとは誰も 言い切
GREEN DAYS槇原敬之
ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがんだら 目の前に緑色の道が 続いてた それぞ
Gazer槇原敬之
君を守ってやれるような 強い男でいたいのに その理想とはほど遠い 弱さばかり出て
光〜あなたを忘れない〜槇原敬之
使い方もわからずに 僕らが持っていた 命の使い方を あなたは教えてくれた 誰かの
うたたね槇原敬之
海からあがる潮風 絵葉書で見た晴れ空 うたたねのために数えるのは 羊ではなく思い
Fan Club Song槇原敬之
君はとっても可愛いよ 僕も割と大丈夫だろ? 初めて出会った僕らは 憎いマイナーチ
Cleaning Man槇原敬之
トラックから降りて 今日も始めよう 川沿いの素敵なレストラン 裏口へ回る 帰り支
手をつないで帰ろ槇原敬之
君はナポレオンフィッシュの 水槽にへばりついて 何度呼んでも 降り返ってくれない
素直 〜Album Version〜槇原敬之
話を切り出す順番 ゆずってくれたから 僕のことばかり聞いて 結局君は後回し いつ
情熱 〜Album Version〜槇原敬之
君は雨に打たれたまま もう少しこのままで いさせてほしいといった 振り払う訳でも
 次の60件


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ