カテゴリ検索 - 演歌 - 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

演歌 該当件数3189件 その内91110
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
我が娘へ吉幾三
叱った分だけ 愛してる 親なら誰でも そうなのさ 叱った分だけ 愛おしい お前も
北のえぞ番屋吉幾三
北の港のよ 番屋には 語りつがれた 酒がある 遠く異国で 眠る人 海をへだてて
一夜宿吉幾三
日本海から 吹く風が 能登の湾にも 春運ぶ いつかあなたと 旅をした 遠い昔の
あぁ…あんた川吉幾三
夢の続きが あるのなら 連れて逃げると 言った人 川の流れが 人生(みち)ならば 
春待ち坂美川憲一
夢につまずき 転んでも 拗(す)ねたら心が 錆(さ)びるだけ ぐっと我慢の 時もある
射手座の女美川憲一
わたしはあなたがすき あなたはどうであれ 心はいただいたわ おあいにくさまね キ
はなびらの雪鏡五郎
羽織(はお)った角巻(かくまき) 寒(さむ)かろと 雪をはらって 迎えてくれた しのぶ
夫婦桜鏡五郎
大寒(おおさむ)小寒(こさむ)の 冬の日も 暦(こよみ)の先には 春がある 負けたり泣
宵待ち灯り伍代夏子
酔ってうたた寝 あなたの頬に 触れてしみじみ 幸せ思う 広い背中が 寂しそうな 
袖しぐれ伍代夏子
あふれる涙を 蛇の目の傘に 隠して別れた 橋の上 形も見えない あなたの心 信じ
勝負の花道氷川きよし
走り出したら 愚痴など言うな 心の迷いは 置いて行け ここが出番と 舞台に上がり
柔道氷川きよし
角には角の 丸には丸の 器(うつわ)にしたがう 水ごころ 恐れず怯(ひる)まず 気負
恋次郎旅姿氷川きよし
まっぴらご免(めん)と 故郷(ふるさと)捨てて 旅にでました 東海道 箱根越えれば
俺ら江戸っ子 浅太郎氷川きよし
今朝も早よから 一番鶏が 鳴いて長屋の 夜が明ける ちょいと身支度 いそいそと 
深川浪花物語川中美幸
浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り 年
いなか侍川中美幸
ふるさと捨てゝ 悔いてると 悲しい便りをくれたひと 馬鹿ね 帰っておいでよ 意地
いごっそ魂三山ひろし
夢じゃ夢じゃと 笑わば笑え 我がなす心は 我しか知らぬ 日本の夜明けを 手繰るた
立山連峰三山ひろし
剱岳(つるぎだけ) 尊(とうと)き峰の 風をうけ こころに花を 咲かせたい やると決
かげろうの恋三山ひろし
うたかたの 微睡(まどろみ)の中 愛おしき その人は 一瞬(ひととき)の 愛から目覚
好きかもしれない〜大阪物語〜森昌子&円広志
なんとなく気になって なんとなく話しかけた なんとなく気がつけば いつかあなたを
前の20件 次の20件


TOPページ新着情報歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ