歌詞ナビ - カテゴリー検索 - 演歌

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

演歌 該当件数3094件 その内4190
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
博多祇園山笠氷川きよしアルバム「新・演歌名曲コレクション5 -男の絶唱-」収録曲
地下足袋(たび)に締(し)め込(こ)み 水法被(みずはっぴ) 一年一度の 祭りやろうが 
命くれない吉幾三アルバム「あの頃の青春を詩う vol.3」収録曲
生まれる前から 結ばれていた そんな気がする 紅の糸 だから死ぬまで ふたりは一
古希祝い千昌夫
長生きしてりゃ 喜寿米寿 次々来るよ 祝い事 前向きがんばる 姿みて にっこり笑
美都子山内惠介
美しい都の子と書いて 美都子って言うのよと 君はエクボを作って笑った 山科(やま
棚田しぐれ三山ひろし
夢を積み上げ 苦労を重ね 山の棚田の ふるさと景色 遠く数える 田毎(たごと)の月
人生お宝節梓夕子
ハアァア〜 アアア〜 富士の山ほど 噂はあれど いまだ実らぬ 恋ばかり 幸福招来
ときめきはバラード松原健之
はじまりはバラード 深く知りたい あなたを 生まれ変わればいい 生まれ変わればい
三日の宿島津亜矢アルバム「悠悠〜阿久 悠さんに褒められたくて〜」収録曲
膝を枕に 本を読む あなたの髪を すきながら 庭をぼんやり 見ていたら 宿でそろ
松島紀行水森かおり
涙どんなに 流してみても 過ぎたあの日は かえらない 別れるための 旅なのに 面
北物語加門亮
夢でもいいのよ アカシアの花 咲く頃あなたに また逢えますか ごめんよ ごめんよ
北国の春千昌夫
白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘北国の ああ北国の春 季節が都会では わからな
三百六十五歩のマーチ水前寺清子
しあわせは 歩いてこない だから歩いて ゆくんだね 一日一歩 三日で三歩 三歩進
赤いトラクター小林旭「ヤンマーディーゼルトラクター」CMソング
風に逆らう 俺の気持を 知っているのか 赤いトラクター 燃える男の 赤いトラクタ
人生いろいろ島倉千代子
死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪
青海島水森かおり
忘れたなんて 口先ばかり 心はやっぱり 騙せない あの日あなたと 別れた場所へ 
いろいろごめん中条きよし
強がり見せる 男ほど ほんとはテレやで 不器用で 「いろいろごめん」「ほんとにご
矢切の渡し細川たかし
「つれて逃げてよ......」 「ついておいでよ......」 夕ぐれの雨が降る 矢切りの渡
北酒場細川たかし
北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ちょっとお人よしがいい くどかれ上手な方が
津軽海峡 冬景色石川さゆり
上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 
くちなし雨情杜このみ
あなたに逢わなきゃ 知らずにすんだ 花のいのちの 儚(はかな)さよ くちなしの 白
千年の恋歌神野美伽
我ガ恋ハ 千尋ノ海ノ 捨テ小舟 辿ル 岸ナク 波ノ間ニ間ニ 逢いたくて 逢いたく
酔わせてオルホ氷川きよしアルバム「新・演歌名曲コレクション6 -碧し-」収録曲
好きさ 好きさ 好きさ 今夜 すべてがほしい 何が 何が あっても きっと 離し
花咲線 〜いま君に会いたい〜松原健之
根室行き わずか一両の 古ぼけた 列車だったよね 最果ての 朝が来る岬 君が見た
潮来水郷水森かおりアルバム「歌謡紀行16 〜早鞆ノ瀬戸〜」収録曲
来ないあなたを 振り切るように 川に漕ぎ出す あやめ舟 きっと帰ると 言ったのに
今を生きる小金沢昇司
いつも夜空を見上げてる 貴方と過ごしたあの日に戻るから 月日が過ぎても笑顔になる
ただひとつの花山内惠介アルバム「ウラ・ベスト」収録曲
風に手をゆだね 髪をほどくとき そっとその頬に また花が咲く あなたがいつか 失
北の出世船福田こうへい
霧がヨー 霧がほどけた 夜明けの港 波を蹴散(けち)らし 突き進む 親父の後継(つ)
望郷吉幾三
北の雪降る町が やけに恋しくて 老いてく母さんひとり 不憫に思えて 故郷川(ふる
倖せの約束 -男のありがとう-前川清高橋酒造「しろ」CMソング
君とめぐり逢えたことは 奇跡じゃなく人生 倖せの約束 してたはず 白い薬指に そ
風うた坂本冬美
赤いセロファン とかしたような 夕日の彼方(むこう)に 昭和が揺れる 帰りたいけど
旅の酒氷川きよしアルバム「演歌名曲コレクション20〜ちょいときまぐれ渡り鳥〜」収録曲
北の外れで 飲む酒は 人の温もり 燗の酒 生きてる匂いが よく似てる 知らぬ同士
秋風吉幾三
ただ傍に居るだけで 私はいいの ただもう少しだけ 夢を見させて 邪魔はしないから
伊根の舟屋水田竜子
壁の日めくり 一枚破り 宿の窓辺で 鶴を折る 泣きに来た 伊根(いね)の舟屋は 波
ありがとう…感謝小金沢昇司
ありがとう ありがとう 言い尽くせない ありがとう 思い起こせば 数えきれない 
母娘じょんがら小桜舞子
雪の礫(つぶて)に 叩かれ追われ ここは津軽の 十三湖(じゅうさんこ) 母が三味弾き
おまえを連れて北川大介
こころのどこかで 探してた 生きる幸せやすらぎ くれる女(ひと) おまえと行きたい…
ひとすじ北島三郎
花ならば春の 初桜 月なら秋の 十三夜 男意気地を 貫き通し 修羅の巷を 生きて
宿時雨角川博
灯火(あかり)落とせば 見えないものを 女ごころの 宵化粧 別れ一夜(ひとよ)の 窓
長山洋子・影山時則
♥糸の半分 私が持つわ ♠残りの半分 俺が持つ ♥絆という字で
幸せの子守唄水森かおり・弦哲也
♠ 今日のお前は 本当に本当に綺麗だよ  日本一「いや」 世界一の花嫁さ &
父子じゃないか…吉幾三
男だろう 飲みなよ 泣けるだけ 泣きなよ… 父親(おれ)でよきゃ 聞いてやる ひと
襟裳岬森進一
北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由(わけ)のわからないこ
絹の雨岩本公水
「濡れるじゃないか もっとお寄りよ」 言ってあなたは わたしを抱いた 絹の雨 …
城崎恋歌細川たかし
からくりかるたは もう終わり 手のひらの先から こぼれて消えました 馳(は)せては
深川浪花物語川中美幸
浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り 年
夫婦人情石川さゆり舞台「夫婦善哉」劇中歌
通天閣まで 泣き出すような 浪花の町に にわか雨 止まない雨など あらへんと あ
知床旅情水森かおりアルバム「歌謡紀行16 〜早鞆ノ瀬戸〜」収録曲
知床の岬に はまなすの咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を 飲んで騒いで 丘
知床半島吉幾三
春を待ってる北国に 青空広がり鳥が舞う 風に誘われ大鷲が 春よ来いよと鳴き散らす
花火竹川美子
悔しいけれど ひと目で惚れた 夜風に遊ぶ ちょいとワル 肌に火をつけ 知らんぷり
木曽川みれん水田竜子
木曽の御岳さん 墨絵に霞む 旅のおんなの 水木沢(みずきざわ) 逢えぬあなたの あ
前の50件 次の50件
カテゴリ
TV番組 アニメ・ヒーロー
CMソング 映画
ゲーム その他タイアップ曲
演歌 童謡・民謡
洋楽 デュエット


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ