カテゴリ検索 - 演歌

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

演歌 該当件数3205件 その内3150
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
心の旅路水森かおり
肥薩線から 乗り換えて 鹿児島本線 海沿い行けば 出水のツルが 北へと飛び立つ 
はぐれコキリコ成世昌平
立山に両の掌(て)合わせ せめて便りが 噂が欲しい まだ未練たち切れないとなぜじれ
海の匂いのお母さん鳥羽一郎
海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チャンチャンコ 背なかをまるめて カキを打つ
夫婦ごころ細川たかし
涙いっぱい 目にためて 心細げに 手を握る なんでひとりで 死なせるものか ほれ
きよしのズンドコ節氷川きよし
(ズンズンズン ズンドコ ズンズンズン ズンドコ) 風に吹かれて花が散る 雨に濡れて
徒然草NEW森若里子
人はみな 姿もかたちも違うけど ひとつの太陽に 照らされる 踏まれて咲いても 花
人生坂三門忠司
間違いばかりを 探していたら 人は本音を 見失う 浮き世うたかた 人生坂は 裏と
鳰の湖丘みどり
伊吹(いぶき)おろしが 身を切るように わたしの心に 冬をつれて来る 二人で見た夢
うたかたの女市川由紀乃
どこであなたは 飲んでるの 時計の日付が 変わります 好きといわれて 抱きしめら
祇園物語えたにまさし
夜の祇園に 咲く舞妓(はな)は 紅桜(さくら)の如く 美しい 石畳をふむ 下駄の音 
比叡おろし水森かおり
風が舞う 夢が散る うす墨の 霧の群れ 恋の迷いを 消すように やがて琵琶湖(び
湯西川水森かおり
川の流れが 秋に染まる 真っ赤な紅葉(もみじ)の 花筏(はないかだ) あなたに何も
縁結び祝い唄細川たかし
今日は愛(め)でたい 門出の日 泣き虫だった 娘(おまえ)だが 白無垢(しろむく)の
人生夢将棋細川たかし
浮くも沈むも 小さな駒に 賭けてひとすじ この道を 先手必勝 ひらめく手筋 俺は
船頭さん竹川美子
あなた私で いいのでしょうか 過去ある私で いいのでしょうか ひとり手酌は 淋し
みちづれ川小金沢昇司
冷たい噂に 追われるように ふたりあの町 捨てて来た どこへ流れる 恋の舟 ごめ
北海無法松細川たかし
生まれ北海 荒波育ち 酒と喧嘩は 他人(ひと)には負けぬ 誰が 誰が 誰が呼んだか
北の出世船福田こうへい
霧がヨー 霧がほどけた 夜明けの港 波を蹴散(けち)らし 突き進む 親父の後継(つ)
越後水原水森かおり
生まれて初めて 絆を契り 命を預けた 人でした だから逢いたい 夢でも一度 あな
望郷吉幾三
北の雪降る町が やけに恋しくて 老いてく母さんひとり 不憫に思えて 故郷川(ふる
前の20件 次の20件


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ